オーディオ調律工房

オーディオ調律工房

調整された樂器は、ハウリングを起こしません。
そして、絶対和に調整されたのミニバスレフンも、
ハウリングは起きません。
ハウリングは、調整が不完全な時にのみ発生します。

NEWS & TOPICS

  • 2009.01.01 ホームページが公開されました。

私は、世界で一番運の良い、オーディオマニアです。

30年前、この調整技術は、S社の最高機密でした。

今は、この技術の事を知る人はいません。


技術の習得が、難しくて調整出来る人が、育
ちませんでした。

音が良すぎて、新しいステレオが、売れない恐れもあります。
音の良過ぎる
ステレオは、会社が傾きます。

当時は、ステレオの
製造が間に合わない位、作れば作るだけ、
飛ぶように売れる時代でした。

ステレオメーカーの、黄金の時代です。
S社はこの技術を、人の目に触れないように、封印しました。


他人には、絶対教に教えないと、固く約束していましたが、70歳になり、お迎えが、近づいて来ました。

私が、このまま死んだ場合、ノーベル賞に匹敵する、素晴らしい技術は、知る人も無く、消えてしまいます。

元気な間に、この調整技術を、世に残したいと思っています。


音楽を愛する人々に、伝承して欲しいと願います。


音楽を愛される方で、この調整技術に興味のある方は、メールをお待ちします。

伝授する為の条件を、お教えします。

完璧な調整が出来る、B型魚座の匠。
箱の絶対和音調整例「1」

オーディオ歴50年間の結論です。

  完璧調律の、CDUSBラジオ一台でも十分でした。
私は、世界一幸運な、オーディオマニアです。

30年前に、整骨院を開業していた時に、世界一の調整技術を、持つ技術者に出合いました。

オーディオでは, 音源の完璧な調律が、最も重要だと教わりました。[CD盤の事です] 

調整が完璧ならば、高価な機器は、必要無い事も教わりました。

M氏は、国内のバイオリン・コンテストの,2位入賞者です。
天下のS社に、完璧な調整技術を,売り込んだのも、M氏です。

40年前は、50キロの鉛の、ターンテーブル、サテンのカートリッジ、自作の真空管シングルアンプで、バックロードホーンのスワンを鳴らしていました。何処のジャズ喫茶の音よりも、良い音でした。

良い音でも、2時間以上聴くと、音楽に疲れていました。

絶対和音のラーに、調整する技術を教わり、今では、
5千円で購入した、定価2万の、完璧調整の、CD,USBラジオが,愛用機です。

ステレオは全部、
調整次第で銘器になり、駄器にもなります。 
回路や,部品等の、差よりも、調整の方が、遥かに重要です。


絶対和音に調整した、6口コンセント
コーン紙のバランス調整、東京コーンの7,7センチSP
同軸の10センチバスレフ・響き箱
A4のサイズの、バックロードホーンの調整

音楽情報は、約98%中音域で構成されています。

重低音とか,超高音は、無いよりも、あった方が良い程度なのです。

無いなら、無くても、さほどは、気になりません


最も重要な、中音域の密度が不足しているから、重低音とか、超高音に、意識が集中するのです。

中音域全体の音が、輝きに満ち溢れていれば、人間の脳は,情報の処理に、追い回されて、重低音とか超高音、までは神経が回りません。

原盤加工した、バロック、カノンCD盤
箱の絶対和音調整例「2」
SPユニットの絶対和音加工
原盤加工の、ララフェビアンCD盤

楽器を、絶対和音のラーに調整するのは、紀元前から存在する、調整方法の教科書です。

紀元前からの、長い経験の調整経験で得られた、最良の調整方法が、絶対和音のラーに、調整する方法です。

楽器職人や、演奏者だけに、代々伝わる、絶対に他人には教える事の無い、生活の為の、利権でした。


胎児が生まれ出る時まで、聞いている、母親の心拍音が、絶対和音のラーの音です。


人間の、遺伝子に刻み込まれた、何時間聴いても、疲れ無い、脳が最もリラックスする、安心音です。

絶対和音ラーに調整する事は、楽器の演奏家は、皆、知っています。

しかし、頭で考える事に慣れた、感覚の乏しい,技術者達には、絶対和音のラーに、調整する事は出来ません。

原盤加工の森山良子CD盤
絶対和音チップス
絶対和音の、オーディオ機器
絶対和音に調整した、五輪真弓CD盤

完璧な音の出るステレオは、聴き飽きる事は無いのです。

殆どのステレオで、耳には聴こえないハウリング[分割共振]が、起きています。

特に、コンポの場合は、別々の機器で発生した、波長の違う、複数のハウリングが重なり合い、微細な音楽情報が、埋もれてしまいます。

フルボリュームにした時、はっきり、音の濁りを確認出来ます。


調整の完璧なステレオは、何処を叩いても、歯切れの良い、カッン、カッンと言う、綺麗な、同じ響きが広がります。

この響きが、ステレオの全体共振が奏でる、絶対和音のラーの華麗な響きです。

ステレオの音とは、スピーカーの振動で、筐体が共振振動する音に、他なりません。



絶対和音の同軸2ウエイ・バスレフ10センチ
原盤加工したスメタナ、我が祖国
世界最高の音、完璧な調整のCD、USBラジオ
最高音質、絶対和音の、USBメモリー

CD盤の情報を、全部読み取れる事が、オーディオ機器の、基本です。

読み取れ無い信号を、完璧な形で合成する技術は、ありません。

前の信号と、後ろの信号を使って、信号の間を埋める技術が、あるだけです。


この方法だと、合成部分だけ、音の位相が微妙に変化します。

と言う訳で、ハイクラスのマニアの間で、信号情報が、完璧に再現出来る、CD原盤の人気が高いのです。

CD盤の、原盤化加工技術は、再生装置、数百万円分以上の、チューニング効果があります。

角の連続変化の、デジタル技術よりも、1000分の1ミリ以下で加工出来る、アナログ技術の方が、滑らかさは、遥かに上なのです。

CD盤の原盤は、数が少なく高価です。1枚1万円前後します。     

ですから、本当に良い音を、望まれる方は、お手持ちのCD盤の、原盤化加工を、お勧めします。


本年中は、原盤加工普及の目的で、往復の送料別で、1枚100円で加工調整を行います。

絶対和音の8センチ、ウッドコーンバックロードホーン
気を出す螺旋体、スパイラルトライ
絶対和音の、ケンウッドCDUSBラジオ
絶対和音の、東芝CDUSBラジオ

CONTACT

PAGE TOP